大学ホームページ

グローバルナビゲーション




メインイメージ

ニューストピック 2013 9.12

Kaede-i メール転送機能の不具合について

[対象]
Kaede-i メールの転送機能をご利用中の方

[現象]

Kaede-i メールの「オプション」→[電子メールを転送する]にて設定された転送先に
メールが転送されず、メールを受信する度にKaede-i メールがエラーメールを受信する。


[原因]
マイクロソフト社によるシステムアップグレードにともなう不具合。

[対応について]
マイクロソフト社に対応を確認中です。
状況が確認でき次第、告知させていただきます。


また、転送機能に代わる機能として、
受信したメールをリダイレクトする機能を設定する事で
Kaede-i メールで受信したメールを指定したメールアドレスに送る事もできます。



<設定手順>
画像付の詳細マニュアルは こちら をご確認ください。


1. Kaede-i にログインする (教員の方はメープル.SYSからもログインできます)。
2. 画面右上「メール」ボタンを押し、Kaede-i メールを表示する。
3. Kaede-i メール画面右上のを押す。
4. 「オプション」「電子メールを転送する」を押す。

5. 「転送中止」を押す。
ここまでの手順で転送設定が解除され、エラーメッセージが受信されなくなります。

6. 画面左[オプション]メニュー内の「メールの整理」を押す。
7. ボタンを押し「受信メッセージに対する新しいルールを作成する」を選択。
8. 設定事項を入力する。
 ・名前:
   (ルールの表記名です。無記名でも問題ありません)
 ・メッセージの到着時、および:
   [全てのメッセージに適用]を選択。
 ・実行する処理:
   [メッセージを次へリダイレクトする]を選択・。
 という情報を入れる。

9. 転送先を入力する
 OK   キャンセル
 宛先             の     部分に転送先アドレスを入力し
「OK」を押す。
 ※連絡先(People)に登録されている内容から登録する事もできます。


10. 「保存」を押す。
 
11. 「このルールを今後受信する全てのメッセージに適用しますか?」
警告が表示されるため、「はい」を押し、「保存」を押す。

以上でリダイレクトの設定は完了です。
以後、受信されたメールは設定した先のメールにそのままの形で受信する事が出来ます。