大学ホームページ

グローバルナビゲーション




メインイメージ

ニューストピック 2014.5.1

[重要]InternetExplorerの脆弱性への対応
学内の教育用端末室および図書館内PCについて

学内の教育用端末室および図書館内PCについて


マイクロソフトはWebブラウザーInternet Explorer(IE)6~11において、
セキュリティ アドバイザリ 2963983「Internet Explorer の脆弱性により、
リモートでコードが実行される」
脆弱性を公開しました。


脆弱性を緩和するため、教育用端末室および図書館内のPCにおいて、
「VGX.DLL」を無効化します。

その結果、VML機能を利用するウェブサイトやアプリケーションでベクター形式の
画像が表示されなくなりますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

この脆弱性のセキュリティーパッチが公開され次第、教育用端末室および
図書館内PCに対処を実施して、「VGX.DLL」を利用いただけるようにする予定です。


[関連情報]
(重要)InternetExplorerの脆弱性への対応
セキュリティの更新プログラムについて