大学ホームページ

グローバルナビゲーション




メインイメージ

ニューストピック 2014.10.10

スマートフォンで大学メールを利用する方法


Kaede-i / メープル.SYSの「メール」から利用しているKaede-i メール(OutlookWebApp)は
スマートフォンでも利用する事ができます。
アカウントのセットアップ、専用アプリを利用される場合、一度ID・パスワードの設定を行えば
お手元の端末で気軽に大学メールをご利用いただけるようになります。

スマートフォンで大学メールを利用するための3つの方法

方法1  メールアカウントをセットアップする 
携帯端末の標準メールアプリに大学メールのアカウントを加えます。
方法2  MS公式の専用アプリを利用する 
サービス提供元のMicrosoft社より、専用のアプリが用意されています。
WindowsPCでアクセスするのに近い画面で操作が行えます。
方法3  WEB上からOWAにサインインする
ブラウザアプリを用いてWEB上のメールサービスにアクセスを行います。

利用方法

方法1
アカウント設定
方法2
専用アプリ
方法3
WEB上から

画像付PDF資料は こちら 。
iOS(iPhone,iPad) [メール]アカウントの設定
1. [設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[アカウントを追加] の順に
   タップします。
2. [Microsoft Exchange](上から2つ目)を選択します。
3. [メール]・[パスワード]・[説明]を入力します。
  メールには「abc@kokushikan.ac.jp」のように完全なメールアドレスを入力します。
   パスワードにはKaede-i のパスワードを入力します。
  [説明]は[Exchange]が自動で設定されますが編集可能です。
  入力後、画面の右上隅にある[次へ]をタップします。
  メールプログラムがアカウントをセットアップするのに必要な設定が検索されます。
  メールプログラムが設定を検出できた場合は、手順5.に進みます。
4. iPhoneが設定を検出できない場合、サーバー名を手動で入力する必要があります。
 [サーバー]に「outlook.office365.com」と入力します。
5. アカウントとデバイス間で同期する情報の種類を選び、
 [保存]を選びセットアップを完了します。
6. 手順5.の後にパスコードを作成するように求められた場合、[続行する]を選び、
 数値のパスコードを入力します。
 (パスコードを設定しないと、お使いのiPhone上でメールアカウントを表示できません。)

※同期するメールの期間は既定では「1週間」となりますが、以下で変更可能です。
 「制限なし」にすれば、すべてのメールの同期が可能です。
 [設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[Exchange]→[同期するメールの期間]
Android [メール]アカウントの設定
1.[アプリ]→[設定]→[アカウントと同期]→[アカウントを追加]→
  →[メール]の順にタップします。
2.[Microsoft Exchange ActiveSync]を選びます。
3.メールアドレスとパスワードを入力し [次へ]を選びます。
  メールには「abc@kokushikan.ac.jp」のように完全なメールアドレスを入力します。
  パスワードにはKaede-i のパスワードを入力します。
4.リモート セキュリティ管理の警告が表示される 場合は、[OK]を選びます。
5.次の画面で[ドメイン\ユーザー名]が表示された場合、フィールドに自分のドメインと、
  完全なメールアドレスを入力します。
  たとえば、お使いのメール アドレスが abc@kokushikan.ac.jp の場合、
 「kokushikan.ac.jp\abc@kokushikan.ac.jp」と入力します。
6.サーバーの設定が確認され次第、[アカウント オプション]画面が表示されます。
  使用可能なオプションを選び、[次へ] を選びます。
7.デバイス管理機能を起動しますの画面が表示された場合は[開始]を押します。
8.このアカウント名と他のユーザーにメールを送信する際に表示する名前を入力します。
  [完了]を選んでメールのセットアップを完了します。

※メールの同期期間は以下の場所から設定変更が可能です。
 [設定]→[アカウントと同期]→設定したアカウント→[アカウント設定]→設定したアカウント
→[Eメールの同期期間]で同期期間を選択。

※一部端末の標準[メール]アプリで同期が完了しない現象が確認されています。
 その際は異なるメールアプリをお使いいただくか、POP3/IMAP設定での接続(PDF資料を参照)をお試しください。

MS公式の専用アプリを利用する
1:専用アプリのインストール
iOSの場合、App Storeから以下のアプリをダウンロードする。
 ・iPhoneの場合 OWA for iPhone
 ・iPadの場合   OWA for iPad

Androidの場合、Google play から以下のアプリをダウンロードする。
 ・OWA for Android(Pre-Release)
※OS4.4以上の2~5インチ程度の画面サイズの端末で利用可能(Nexus7などは不可)。
 今後、ご利用いただける端末が増える可能性があります。
 詳細はMicrosoftのページをご確認ください MS Office Blogs(英語) 。


2:ID、パスワードを以下の要領で入力する。
 ID: ユーザーID@kokushikan.ac.jp
 パスワード:  Kaede-iのパスワード
WEB上からOWAにサインインする
ブラウザアプリ(safari、Chromeなど)を開き、
以下のサインイン画面よりメールアドレスとパスワードを指定してサインインします。

https://outlook.office365.com/

ID  ユーザーID@kokushikan.ac.jp 
パスワード Kaede-i のパスワード 

[表示画面について]
iPhoneの場合、OWA for iPhone(方法2)のリリースに伴い、
サインインした際の表示が専用UI(アプリ利用時と同様)となります。

Androidでサインインした場合は表示設定がOutlook Web App Light(簡易バージョン)と
なります。

[Outlook Web App Light(簡易バージョンについて]
Outlook Web App LightではOutlook Web App(標準バージョン)で利用できる機能の
一部が制限されます。主なものを以下に記載します。
・メールのプレビュー表示機能がない。
・転送設定や受信トレイルールの設定が行えない。
 (予めOutlook Web Appで作成した転送設定やルールはそのまま動作する。)
・グループの作成・編集・参照ができない。
・予定表が月単位での表示に対応しておらず1日単位での表示となる。
・予定表の共有機能がなく、他のユーザーの予定表を開いたり、自分の予定表に
 アクセス権を設定することができない。
・タスクを利用できない。