大学ホームページ

グローバルナビゲーション




メインイメージ

ニューストピック 2014.10.28 12.03更新

MacOS Yosemite,Safari8.0をお使いの方へ
Kaede-i メールの入力変換不具合について

Kaede-i メール(Office365 OWA)にてメールの変換後、
文字が削除される不具合が確認されています


2014年12月3日現在、該当の不具合は解消を確認しました。
【回避策1】にて入力形式を「テキスト」変更された方は、
そのままの設定でも問題ありません。



【対象】
・MAC OSX 10.10Yosemite, Safari8.0

【現象】
・Kaede-i メール内で日本語文字入力後、「return」キーで確定すると
 入力された文字が削除される。


【回避策1 入力形式をhtmlかテキストに変更する】
1:画面右上「設定」を選択
2:「オプション」を選択


3:「設定」を選択
4:[メッセージ形式 この形式でメッセージを作成する]を
  「html」から「テキスト」にする。
5:「保存」を押す。





6:サインアウトを行い、Safariで開いているページを全て閉じる。
7:Safariを立ち上げ直し、再度メールにアクセスする。


【回避策2 Safariではないブラウザを利用する】
今後、MacOSのアップデートやMicrosoft社のアップデートにより修正される可能性があります。
それまでの間、Safari以外ブラウザ(FirefoxやGoogleChrome等)をご利用いただく事で
不具合を回避できる事があります。